借金返済の難しさについて

借金を背負っている人々も少なくありません。私も以前借金を背負った経験があるのですが、その返済がすごく大変でした。特に消費者金融での借金だったので、利息分を含めるとかなり返済していくのが苦しかったですね。
借金は50万円ほどだったのですが、それでも毎月一定額を返済していくのがギリギリでした。やっぱり、4~5万円を毎月返済するのって大変なので、何をしているときも借金のことで頭がいっぱいになります。

今は何とか借金の返済は終わったのですが、当時は生きた心地がしないくらい返済に追われるので、借金は怖いものだと改めて感じました。借金の返済に滞ると延滞金が発生したり、ひどい場合はブラックリストに載ることもあるので、そういう面でも大変です。借金をつくると毎月決まった金額を返していく必要があるので、そこがすごく難しかったですね。

もちろん、借りたお金なので返済義務もありますし、何とか完済するまでしっかりやろうと思いました。収入に見合わないような金額を借りると返済できなくなる可能性があるので、できるだけ収入に見合う金額にすることが大事ではないでしょうか。
うまく借り入れできれば金利なしで借り入れできることもありますが、たいていの場合は金利を含めて返済していかなければならないので、そこは簡単ではないです。

多くの方々が借金をしていますが、あまり安易な気持ちで借金をするのはいけないでしょう。しっかりと返済計画を立て、そのプランどおりに借金を返済していけるようにすれば、借金で苦しむことも少ないはずです。


【関連サイト】

借金の総額約400万円。毎月の借金返済額13万円。正直もう返済していくのは不可能。だから私は楽になろうと思って、債務整理をすることを決意。実際に債務整理をしてみると、思ってった以上に気持ちが楽になり、更に借金の総額も減った。
借金返済できない払えない.net

消費者金融で借金をする時の注意点

仕事をしていて給料をもらっていても時には会社の都合によって給料が未払いになってしまう事もあります。そんな時は生活費が足りなくなってしまうので消費者金融でキャッシングをして借金をしてしまうという事もあります。消費者金融は審査が30~40分で終了するので即日融資を受ける事が出来ます。そのため生活費が足りなくなった時などにはすごく助かる存在なのです。

消費者金融はすぐお金を借りる事が出来ますが、金利が高く設定されているので借り入れの時に加算される利息が多くなってしまます。そのため借り過ぎてしまうと当然加算される利息も多くなってしまうので借金の総額も多くなってしまいます。借金の総額が多くなってしまうと返済が困難になって最悪の場合は生活破綻にも繋がってしまうので借金の仕方には注意しなければいけません。

消費者金融で借金をする時は必要以上の借り入れはしないというのを徹底させる事が大切です。必要以上に借りてしまうと思わず浪費してしまうようにもなってしまうので借金が膨らんでしまう原因にもなってしまいます。そのため事前にどのぐらい借りるかを決めておくようにしましょう。

消費者金融のホームページには返済シュミレーションという機能が付いていて月額の返済額や返済期間などをシュミレーションする事が出来ます。そのため申し込む前に利用すると返済計画を立てられるので計画的に借り入れをする事が出来ます。そのため消費者金融にキャッシングの申し込みをする前に返済シュミレーションを利用しておいた方がいいでしょう。

保証人になるということはその人の借金を肩代わりすること。

母の親友でご主人が事業をされている方から、父に対して以前新規事業の保証人になってほしいという話がありました。
その友人のご主人はとても社交的でスマートで、当時営んでおられた不動産事業や英会話教室、旅行会社などすべて順調にうまくいっているようでした。
父は母の親友のご主人からの依頼ということで、受けようか断ろうかかなり迷いましたが、やはり保証人となると万一事業がうまくいかなった時、その方の作ったすべての借金を肩代わりすることになり、私達子供の将来も考え、考えた挙句お断りしました。
その決心が正しかったようで、その後数か月後にその方の新規事業がうまくいかず、それまで順調にいっていた事業はすべて売却され、そして自宅も赤紙を張られ、会社から自宅まですべてを失われることとなりました。
しかし、母とその友人はそれ以降も友人でいることには変わらず、母もできる限りのことを手伝いました。
そして3年後、みごとにその親友のご主人はまた新規事業で大成功を収められ、一等地に大邸宅を構え、現在は悠々自適の生活を送っておられれます。
父がもしあの時保証人を承諾していたら、私達家族は一体どうなっていたのか考えるととても恐ろしいです。
借金というと自分が借りたお金を返済すること、というイメージが強いですが、一歩間違えると他人の借金を抱え込まなければならない状況に陥ることもある、と認識しておかなければなりません。
借金とだけはかかわりをもたず生活していきたいものです。

パート主婦もカードローンは作れます

パート主婦はカードローンは作れないと思っていたのでお金が足りない時は、友人からお金を借りていました。
昼休み時間に同じパート仲間がお金が足りない時はカードローンを利用していると聞き、スマホから申し込みができるとのことで試しに手続きしてみることにしました。
収入証明書も不要ですし、運転免許証をカメラアプリで撮影してウェブサイトへ添付すれば良いので手続きがとてもスムーズにでき、スピーティーにできるので驚きました。
勤務先の住所や電話番号はもちろん、勤務年数や年収などきちんと正確な情報を記載せねばならないため、事前に確認しておき申し込み時にはミスがないよう念入りにチェックしました。
やはり申し込み時にミスがあると折角、手続きしても審査に通らないことがあるため、その辺はチェックしておきました。
平日14時までに申し込みを完了すると即日融資が可能と公式ホームページに記載されていたので、急ぎでお金が必要だったので14時までに申し込みしたところ40分前後に携帯へれんらくがあり、審査に通ったとわかったのですぐ借り入れすることにしました。
返済も自分の都合に合わせて行うことができるので、ネットバンク経由で出来るし、カードローンの発行や利用した場合など明細書は自宅へ郵送されないので家族に内緒で利用できるのは何かと嬉しいです。
利用限度額まで使用することができるのでお金が足りなくなった時はすぐカードローンで借り入れするようにしています。

子供の教育費が足りずカードローンで借り入れしました

子供の教育費はパート代で支払っていましたが、朝起休みになると塾代が半端なく高くなり、請求額を見て驚きました。
通常授業に加え、季節講習代などまとめて請求がきたので、パート代での支払いは厳しいので、家族に相談するのは控え、やはりお金のことで心配させたくなかったのでカードローンで借り入れすることにしました。
一時的に10万円借り入れしましたが、コンビニのATMから借り入れすることができたので人目につくことなく家族に内緒で借り入れできたのでホッとしました。
また現在の融資額と返済については、カードローン会社のマイページへログインすると金利を含んだ金額が表示されるので返済計画も立てやすいのでお金を計画的に利用できるのは嬉しいです。
利用明細書など自宅へ郵送されることもなく内緒にできるので何かと便利です。
カードローンはパートも作ることができるのでホッとしました。
働いていると申し込みの条件をクリアするようで、これは何かとカードローンを持っていると便利です。
子供の教育費は想像以上に必要になり、学費はもちろんですが塾代などは家計から捻出するのは厳しいのでパート代から支払うようにしていますが、何かと大変だなと実感しています。
カードローンは即日融資ができるし、機械操作が苦手な方も無人契約機を使えばタッチパネル操作で失敗することなく上手に活用することができるので安心できます。
何かと活用しやすいので気に入って利用しています。